パーティで女の子に話しかけるには?映画「パーティで女の子に話しかけるには」

【ストーリー】

 

ニール・ゲイマンの短編小説を映画化したラブストーリー。

1977年のロンドン郊外。内気なパンク少年と遠い惑星からやって来た少女の交流を描く。

キャスト:エル・ファニング、アレックス・シャープ、ニコール・キッドマンほか

 

【映画から考えたこと】

 

内気なパンク少年と異星人という設定が

まず面白い。

 

さらに

内気なパンク少年がいかにして女の子に話しかけていくかというのが

興味深い。

 

緊張するよね。

共通点が功を奏して

打ち解ける。

 

勇気をもって話しかけたからこその

結果だよね。

 

じゃあ、実際

パーティに行ったとき

僕たちはどうやって女の子に話しかけたらいいの?

って思ってる男性諸君に告ぐ。

 

パーティで女の子に話しかけるにはベスト3

 

パーティで女の子に話しかけるには?

ベスト3 自己暗示をかける(キャラを捨てる、キャラをつくる、宇宙から自分を見てみる)

 

シャイなあなた。話しかけられない。

話しかけられない自分がいるのは、そういう自分だと思い込んでいるから。

自分というキャラを捨て、キャラをつくる。

フレンドリーに話しかけるのがフツーなお兄さん。

俳優になった気分で。

 

そして宇宙の視点から自分を見てみる。

点だよ、点。

自分は小さな点にすぎない、、、

と思ったらなんで緊張してるんだろうって思うよね。

 

ベスト2 友達と協力して作戦を立てる

 

社会人になってからはさほどないですが

大学の時によく合コンなるものをしていました。

男女が集まっての会合です。

 

その時、私が一番楽しかったのが、実は合コンそのものではなく

合コンが始まる前の作戦会議と合コンが終わった後の反省会でした。

 

男同士の友情、チームワークがないと合コンは盛り上がりません。

作戦会議と反省会によって絆をつくっていく過程ほど楽しいことは

ありませんでした。

 

ですから

 

もし、パーティで女の子に話しかけるのは、ちょっと、、、

という時は

友達と協力して作戦を立てることを

おすすめします!

 

ベスト1 パーティの主催者またはスタッフになっちゃう

 

これが一番おすすめ!

職権乱用!

公私混同!

巻き込んじゃう!

主催者、スタッフになると話しかける口実ができるのです。

 

なぜこれをおすすめするかというと

学生時代、私はこれを実践していたからです。

このおかげで数多くの人と交流が持てました。

 

幹事やイベントのオーガナイザーになると自然と人が集まります。

 

 

結論

楽しんで企画しちゃってみんなを巻き込めば

間違いない!幹事やオーガナイザーになったもん勝ち!!

以下の本にも大事なことがたくさん詰まっています。

 

英語ひとことレッスン

You are the world to me.

(あなたは私のすべてです)

 

ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!


映画ランキング

『いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。』

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です