【完全保存版】モテるために重要な「共感力」を得るために必要な3つのこと

モテるために重要な能力とは?

 

今回の記事は

世の男子諸君に捧げます。

完全保存版です。

 

この記事を読んで

この内容を実践すると

モテるようになります。

 

共感力が身につきます。

 

男女性別関係なく人間にモテるようになりますが

特に思いを伝えたい男子に読んでもらいたいです。

 

なぜなら

 

6年間中高一貫(男子校)で

人間関係、特に女子とのやりとりに戸惑っていたこともあり

 

世の中に

自分の学生時代と似たような気持ちをもっている人って

たくさんいるんだろうなあ

 

と思ったからです。

 

今、この記事にすることを

当時の自分に伝えられたら

 

その後の人生がどのように変わっていっただろうと

そんな空想にふけったりもします。

 

まあ

 

この記事を共有することで

 

困ったひとが少しでもプラスにいきいきと

輝かしい人生を歩むことができたとしたら

 

うれしく思います。

 

モテるために重要な「共感力」を得るために必要な3つのこと

という題名を付けましたが

 

何と言っても

 

この「共感力」がキーワードになると思います。

 

 

 

人は人と同じだと安心します。

同じ気持ちだと、あー同じだーと妙に安心したりします。

 

クイズ番組で、自分だけ違う解答をしたら

あれ?間違ってるかな?

と不安になったりするものです。

 

特に

女子に関しては特にこの共感力が大事だということです。

 

一例として

 

愚痴があります。

 

女性の愚痴を反論したり、アドバイスをすることはしないようにしましょう。

かつてそれをして失敗したことがあります。

 

彼女たちは反論やアドバイスを求めてはいないのです。

共感してほしい、聞いてほしいのです。

 

だからこそ、正解は、ひたすら聞く、耳を傾けるということです。

共感してもらえているなーというのが

安心感につながるのです。

 

話し上手は聞き上手。

共感力を身につけることでいい関係を築いていきましょう。

 

それでは

 

どうやったら共感力を身につけることができるのか?

 

(1)ことばを学ぶ

(2)主語

(3)体験

 

キーポイントです。

 

(1)ことばを学ぶ

共感を身につけるには

共感をあらわす言葉を学ぶとよいです。

 

うれしい、かなしい、いらいらする、たのしい、、、

うれしい⇒わくわくするよね!こころがあったまるよね!など

いろんな表現を知ること、学ぶこと、使うことでバリエーションが増えます。

 

バリエーションの世界を少し覗いてみましょう。

 

 

 

(2)主語

つぎに大事なことは

主語を変えるということです。

I ではなく YOU です。

 

概して、自分中心なひとの会話を聞いてみると主語が「わたし」になっていることが多くあります。

共感を得たいならば

主語を「あなた」に変えることをおススメします。

 

A「今日、疲れたーー!」

B「おつかれ!おれは全然つかれてないなー!何もしなかったしー!」

 

 

A「今日、疲れたーー!」

B「おつかれ!(あなたは)疲れたんだねー!そりゃ(あなたは)大変だったねー!」

 

あなたを主語にするだけで

Aさんの印象は全然違います。

 

ちょっとしたことですが

ここに気を付けましょう。

 

(3)体験

最後に

大事なことは

より多くのことを体験するということです。

 

いろんな成功、失敗を経験して

いろんなことに感動して

いろんなことに挫折して

いろんなことを一生懸命したら

 

心の言葉が生きてきます。

心の言葉が出てきます。

 

共感力は人間力

 

(1)ことばを学ぶ

(2)主語

(3)体験

 

が大事だよ!!

だから日々このことを忘れずに!!

 

過去の自分に言いたいですね。

過去の自分は変えられない。

 

だけど

 

これを読んでくれた

「あなた」ならば

 

未来の自分は変えることができるはずです!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です