【人たらし・人に好かれる・ぞっこんにさせるテクニック】映画「結婚」から考える

f:id:nakatomihiroyukii:20170613171826j:plain

2017年6月24日 映画「結婚」公開!!

あの爽やか、好感度が高い、ディーンフジオカが主演。
役柄は今までのイメージを覆す結婚詐欺師。

原作は

直木賞作家、

井上荒野の小説を原作にした物語。

結婚詐欺師の彼に騙される女性との関わりで

人間の孤独と葛藤を描いた作品となっています。
映画「結婚」では結婚詐欺師としていろいろな女性をだます一方で

妻と仲睦まじく過ごしていくわけです。

さて、数々の女性を虜にする要素って何なのでしょうか?

人たらし・人に好かれる・ぞっこんにさせるテクニックって何なのでしょうか?

 

それでは考えていきましょう。

ポイントは親近感と共感、ケア、そして個である。
また、結婚詐欺師の人はこころのスキマを見つけるのが非常に上手である。

以前、テレビ番組で結婚詐欺師の特集があってたのだが、
まずはターゲットを見つけ、決めるのが的確である。

人は弱っているときほど、結婚してしまうということがあるようだが
たしかに一理あると思う。

よって、正常な判断力を失わせる、または正常な判断力がない状態の人を狙らしい。
これは、洗脳にも通じることなのだが、正常な判断能力をいかになくすかということが

非常に大きなポイント。

そうするためには
脳を混乱させなければならない。

洗脳でやっていたのが、
脳を混乱させるために

ひどくその人を罵り続けるといったことをしていたそうだ。今まで自分がやってきたことを全否定する。
価値観を崩壊させるのである。

そうして壊された価値観のうえに
新たな価値観を与えてあげる。

それが救いとなるのである。

こうやって、自己評価を低い状況にし、価値観を壊し、その後で
慰め、新たな価値観を与えて救いの手を差し伸べる。

なんか、宗教にも通じるところがあるなーと思いながら番組を見ていました。


結婚詐欺師の話に戻ると、、、

女性(男性)のこころを掴むためには
まず脳を混乱させなければならない。心の振れ幅を大きくしてあげる必要がある。

またはそういった状況のひとをいかに見つけるかが優れているのであろう。
そしてオファーできるものとして結婚という飛び道具を出してきて女性の心をつかむ。

結婚詐欺師は見た目は普通なんだけどーという人が多いそうだ。
自分の幼いころの話をし親近感を演出し

聞き上手で会話をリードし共感を演出する。
マメに誉め、長所を素直に口に出し、ふとした時にプレゼントをする。

ケアをする。気にかかっているよと演出する。

そして、個。
「あなただから、あなただけ」という特別感。個。唯一。

 

実はシンプルなこと?? 

こうやって見てきたら
けっこうシンプルなことに気づきます。

結婚詐欺師は
「ないところ(なさそうな状況にして)に与える」ということだ。

人たらし、人に好かれる、ぞっこんにさせるテクニックも
意外にシンプルで

「相手がないものをどれだけ与えるか」ということに他ならないのではないか。
結婚詐欺師がうまいのは、相手が本当は持っていてあるものを、ないもののように見せかけていること、ただそれだけかもしれない。

みなさんはステキなご縁がありますように!!

人間力を高めていきましょう!!

 

【英語ひとことレッスン】

We have good chemistry.(わたしたち相性いいね)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です