【人間関係】田舎から上京した私がおすすめするイメチェン(印象変化)させる3つの方法 映画「スイス・アーミー・マン」より

2017年9月22日公開!!映画「スイス・アーミー・マン

 

【ストーリー】

 

 

無人島で遭難した青年が、死体と共にサバイバル。わが家を目指す型破りな冒険物語。

人生に絶望した若者と人生を忘れた死体の奇妙な友情物語。

キャスト:ダニエル・ラドクリフ、ポール・ダノ、メアリー・エリザベス・ウィンステッド

 

 

 

 

【映画から考えたこと】

 

 

本作は

『ハリー・ポッター』シリーズなどのダニエル・ラドクリフが主人公である死体を演じるといった

異色の脚本。

 

ダニエル・ラドクリフもハリー・ポッターのイメージがつきすぎてしまって

俳優としてどうやって一皮むけていくかに

苦心したことだろうと

 

 

容易に推察される。

 

 

特にハリウッドスターで若くして子役で大活躍した者は

ものすごいプレッシャーがかかるだろうし

現に心の病をかかえてドラッグなどに手を染める事件なども

よく目の当たりにする。

 

 

ダニエル・ラドクリフは何とか世間一般の人たちが

ダニエル・ラドクリフ自身に抱いているイメージを

覆したいと思っていたことだろう。

 

 

そんな彼の気持ちに思いを馳せるとき

自分の18歳のときのあの感情が思い起こされる。

 

 

 

上京してイメチェンしたい!

自分を変えたい!!

 

 

 

【人間関係】田舎から上京した私がおすすめするイメチェン(印象変化)させる3つの方法

上京するときに大胆イメチェン作戦3つを実行

1)外見を変える

 

高校生の時までいたいけな少年気質。

 

なにか変えたい!という思いから

まず髪を染めましたね。

 

髪を染めるとなんか

自分の気持ちも明るくなりましたね!!

 

外見を整えると気持ちも整う。

外見を変えたら、気持ちも変わることに気づきました。

 

 

2)面白いキャラ設定でいく

 

高校のときまで、真面目キャラで

面白味のかけらもなかったのですが

実は面白いことが好きで

 

 

ひとから面白いね!と言われたい願望がありました!

 

 

よって

環境の変化がチャンスと捉え、上京の際に

自分は面白いと自分自身に言い聞かせていました。

 

 

3)たくさんの人に出会う

 

高校生までは閉鎖的な環境にいたので

これからは、できるだけ多くの人に出会うことを

心がけ実践。

 

 

大学の時には友達の友達は友達理論でものすごい数の

合コンの幹事をやり、友達と友達を紹介することの楽しみ

知り合いが増えていくことの面白さを実感することができました。

 

まとめ

 

環境を変えることをチャンスに捉え、正反対の自分を演出してみる!そしたら印象が後からついてくる。

 

まあ、今思い返すと、めっちゃ笑ってたなーって思います。

そしたら友達1000人できました!

笑いとかユーモアって大事だなって実感しました!!

 

参考

 

『見た目重視』90%の人が外見で判断する

 

結論

 

英語ひとことレッスン

The first and best victory is to conquer self.

ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!


映画ランキング

『いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。』

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です