2017年11月3日公開!!映画 「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」

【ストーリー】

 

“麒麟の舌”と呼ばれる究極の味覚を持つ料理人が幻のレシピを

追い求める感動作。

豪華キャスト:二宮和也、西島秀俊、宮崎あおい、綾野剛、竹野内豊ほか

【映画から考えたこと】

 

本作では

“麒麟の舌”と呼ばれる究極の味覚を持つ料理人が

一時は料理への情熱を失いかけながらも

情熱をふたたび取り戻し、料理への飽くなき追求心

が描かれています。

 

いわば、プロ中のプロで

仕事に対する姿勢など

わたちたち自身の行動をふりかえる

いいきっかけになるはずです。

 

今回は、【プロの技術】をテーマにすすめていきましょう。

 

【プロの技術】次は鼻のアナに指をいれてみようか?

モデルの子が実際に体験した話

今日、たまたまモデルの子と話しているとこういう話をおしえてくれました。

以下、モデルの子⇒モ、わたくし⇒わ

 

モ「きのう、モデルとして撮影があったんだけど、そのときのカメラマンさんが

すごい面白くて~」

 

わ「なんかあったとー?」

 

モ「撮られてるときに笑かしてくるんよねーー」

 

わ「?」

 

モ「ポーズ取るやん~、そして次のポーズの指示出すときに、、、」

 

わ「?」

 

モ「じゃー、次は鼻のアナに指を入れてみようか?って」

 

わ「斬新www」

 

モ「しようかなーと思ったけど、できんかった!!www

なんかツボにはまって、めっちゃ楽しかったー」

 

わ「てか、しようとしたんかいっ!!w」

 

その場を和ますプロカメラマンの掛け声だったようです。

これぞプロの技術!

 

さまざまな工夫(聞いた話)

プロカメラマンの掛け声の話でいえば

・モデルさんにリラックスをしてもらうためにいろいろなことをしているようです。

さまざまな工夫の例として聞いたことがあるのは

 

たとえばグラビア撮影の際

撮影スタッフさんを全員女性にするとか

撮影している方も水着になるとか

誉めまくるとか

 

いかにリラックスした現場をつくるか

追求されているようです。

 

統計(おまけ)

せっかくなので、写真家・映像撮影者の数を掲載してみました。

2010年における「写真家,映像撮影者」の総数は、65,540人。

全体として減少、女性が増えているところが特徴ですね。

 

 

統計資料出典: 総務省統計研修所(2015) 「第六十四回 日本統計年鑑 平成27年」、「23- 1 文化関連職業従事者数」、総務省統計局

 

結論

今回はプロの技術についてみてきました。

なかでも「プロカメラマン」に注目しました。

 

リラックスをした環境をつくるには

プロカメラマンの声かけ、言葉でリードすることが大事になっているんだなあと。

言葉について勉強しようと思いました。

 

英語ひとことレッスン

Having a soft heart in a cruel world is courage, not weakness.

冷たい世の中でやさしいこころをもっていることー

それは勇気である。弱さじゃなくて。

ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!


映画ランキング

『いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。』