【合コンのすすめ】本「カラテカ入江の合コン用語辞典」、映画「愛を綴る女」から

2017年10月7日公開!!映画 「愛を綴る女」

【ストーリー】

 

ミレーナ・アグスのベストセラー小説を映画化。

ひとりの女性が、17年もの歳月をかけ、愛の本質を見つけるまでのストーリー。

キャスト:マリオン・コティヤール、アレックス・ブレンデミュール

【映画から考えたこと】

 

許嫁(いいなずけ)、恋愛結婚、お見合い、駆け落ち、結婚、離婚、晩婚化

いろいろなことを考えたうえで

 

Armand Salacrou(アルマン・サラクルー:1899~1989、フランス 劇作家)の

 

「人間は判断力の欠如によって結婚し、忍耐力の欠如によって離婚し、記憶力の欠如によって再婚する。」

という

ことばを思い出しました。

 

 

といろいろ物思いにふけっていましたが、なにか忘れてません?

 

 

そもそも、相手がいないのに、あれこれ考えても意味ないですからーーーー、ざんねん、自分!

ということで

 

まずは、男女が出会う必要があるんですね。

そんななか、合コンをすすめられました!!って話。

 

 

【合コンのすすめ】カラテカ入江の合コン用語辞典

今日のお話

 

合コンをすすめられました!!って話をします。

え?誰にかって?

 

 

カラテカ入江さんですね!!

 

 

ちなみに

 

学生時代のときに

東横線で

カラテカ入江さんを見かけたときが最初ですが

思ったよりも小柄でびっくりしましたね。

 

 

そんな

カラテカ入江さんは人脈がハンパないことが度々取り上げられております。

 

合コンをきっかけにして

人と人をつなぐ

人脈になっていく

ということ。

 

カラテカ入江さんに教えられたのは

 

1「合コンをツールにする」

人間関係を深めるために

⇒なにより「合コンが大好き!」という気持ちがあったのと、やはり先輩とつながれる場所が合コンだったということが挙げられます。芸人としてなんとかチャンスをつかもうと必死だったのだと思います。(インタビューより抜粋)

 

2「人脈が人脈をつくる」

人と再会する理由をつくる、再会するメリットを

⇒例えば僕が巨人の坂本(勇人)選手に飲もうよと言っても、やはり忙しいから僕と飲む理由がそんなにないじゃないですか。そこで、例えば、一昨年坂本選手と飲んだときはアンジャッシュの渡部(建)さん呼んだりしましたね。何か面白そうだなと思ってもらえる、行きたいなと思ってもらえるきっかけをつくる。そこにはとても気を遣っているかもしれないです。(インタビューより抜粋)

 

参考

 

20歳から本格的に合コンをはじめ、多いときは週8(ダブルヘッダー)でこなす。生涯コンパ数は3000回以上とも言われる。

カラテカ入江さん。

 

インタビューされた内容がこちらの記事で取り上げられています。

とことん「素直になる」ことで合コンも人脈も制す。合コンの達人・カラテカ入江のコミュニケーション術

結論

今、居酒屋離れであったり、それが高じて合コン離れという状況が結構あるので、みなさんに「合コンは楽しい場なんだよ」というのを分かってもらえたらなと思いました。最近は、仕事が終わると、吉本の後輩芸人たちもみんな帰ってしまうんですよ。昔だったら楽屋をウロウロして先輩にご飯をごちそうになるといったことがあったのですが、そういうのがなくなってきたので。

(インタビューより抜粋)

 

合コンを仲間との人間関係を深めるツールとして活用しているんですね!

 

 

【感想】
人生をうまく生きていく処世術のヒントがたくさんあってよかったです!!
「金と友に去りぬ(お金を払わずに一緒に来た友達を連れて帰る女子のこと)」
「壇密(男子が密になって反省会をすること)」など
ユーモアがあふれています。

 

英語ひとことレッスン

 

I know that I’m your destiny.

(わたしがあなたの運命であることを知っています。)

ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!


映画ランキング

『いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。』

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です